庭園を歩く

六義園 入口

 


文京区本駒込にある

庭園 六義園に

行ってきました!

 

しだれ桜の大木は

今が見頃。

 

 

 

 

入り口に近い内庭大門を思わず早足でくぐると現れた、薄紅色が美しい大きなしだれ桜。

桜の周りには人が集まり、眺めたり写真を撮ったりとても賑やかでした。

 

 

六義園のしだれ桜
藤代峠からの眺め 絵巻物みたい

 

桜の木から離れて大泉水の周りの

園路を歩くと、

 

水の中には大きな鯉が、

水の上には顔の黒いカモが

元気に泳いでいました。

よく見ると岩の上には亀がいて

ひなたぼっこをしています。


六義園は広いし、背の高い木が多くて

街から遠い、

森の中を歩いているような

錯覚を起こします。

 

 

園内で一番高い藤代峠に登ってみると清々しい気分に!

ここから見渡すとやっぱり都会の中だと感じます。

 

また、緑が溢れる頃に来たいと思います。

 

巣鴨と大塚の間


庭園を満喫した後は、

天気もいいし散策しよう!と思い立ち、

歩きました。

 

不忍通りから白山通りを歩き巣鴨駅に着くと、

線路沿いに次の駅を目指しました。

途中線路から離れた道になり、住宅街を歩き

線路の下をくぐり、方向が合っているのか

不安に思いつつも無事に大塚駅に到着。

大塚駅

 

 


丁度都電がやってきて、

(手創り市に行く時によく乗ったな)

と思い鬼子母神まで行ってみようと、

出発!

 

 

地下鉄入り口 猫の顔に見えてきた

 

ところどころに立っている地図で道を確認。

 

東池袋の地下鉄の入り口が

猫の顔に見えてきたりしました。

都電沿いを歩いたり、住宅街を歩いて

本物の猫に遭遇したりしながら、どうにか

こうにか鬼子母神に着いたときには

たっぷり時間がたっていました。

 

 

 

鬼子母神は穏やかな雰囲気。久しぶりにお参りしました。

この日はたくさん歩いたと思います。