深川界隈を巡る

深川不動堂

 

今回は久しぶりに!

友人のツバメさんと一緒に、

深川界隈を歩いてきました。

 

門前仲町の駅で待ち合わせてから、

最初に向かったのは深川不動堂です。

 

さわやかな秋の日、境内の雰囲気も明るく

感じられ、良いスタート。

 

伊能忠敬先生 出発!

 

金木犀の香り漂う道を歩き次に着いた場所はすぐ近く、

富岡八幡宮です。

この日は骨董市開催の日!掘り出し物との出会いを求めて、くまなく探しました。

昭和な雰囲気のガラスのコップや懐かしいキャラクターの人形を見るとつい足が止まってしまいます。

 

あっちこっち回っていたら大きな銅像があったので、

誰かと思って見たら「伊能忠敬」の銅像でした!!

深川黒江町(現・門前仲町1丁目)に住み、測量旅行

出発の時は必ず富岡八幡宮にお参りに来ていたのだそうです。伊能忠敬がいたと思うとなんだか嬉しいので写真を撮りました。

横綱力士碑

 

 

 

横綱力士碑もありました。

迫力ある大きな石碑でした!

富岡八幡宮

 

 

時間が経つにつれ、骨董を見るお客さんや、

七五三のお参りにやって来る人で境内は

賑やかに。

 

楽しい時間を過ごした後は次の目的地、

清澄白河を目指し歩くことにしました。

清州通り 海辺橋

 

 

 

 

 

 

仙台堀川にかかる橋、「海辺橋」からは

スカイツリーの姿も。

滝沢馬琴誕生の地

 

 

 

 

    途中には「滝沢馬琴誕生の地」がありました。

深川資料館通りの鳥さん

 

 

 

深川江戸資料館通りでは古本屋さんを何件か巡り、ここまで来たらと現代美術館へ。

東京都立現代美術館

 

美術館ではちょっと休憩、のつもりでしたが企画展が

開催していたので入ってみよう!ということに。

 

「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」です。

展示室には映画作りができるセットが色々!

写真を撮っても良いので、

場面に合わせて演じてみたり、

森のなかのキャンプのセットでは「椅子に座って

リラックス」風の写真を撮ったりと面白かったです。

 

ツバメさんに何枚も写真を撮ってもらいました!

 

 

 

さて、企画展、常設展を見た後はまた歩いて清澄白河の駅まで戻りました。

今度は電車に乗って、すぐに森下駅で下車。

少し彷徨った後にたどり着いたのは古書ドリスという古本屋さんです。

魅力的な言葉が書かれた背表紙が並ぶ本棚に、美しい展示作品。何度も訪れたいと思います。

 

 

購入した「紙魚の手帳」

 

 

最後に偶然見つけたコーヒーショップで、アイスコーヒーとふかふかのホットケーキを食べて

一休み。ツバメさんも私もお腹いっぱいになりこの日の深川散歩はおしまいになりました。